So-net無料ブログ作成

真空管アンプはまだ不調

いろいろ試しているが玉切れではないようだ。バランスつまみ、ボリュームの接点のようだ。グリングリン回すと復活する。ところで、SQ38DSのつまみはアルミ削りだしとのこと。40年以上たっているのにさびも無くきれいである。コレが当時50000円台とは恐れ入る。でも、初任給1-2万円のときだから20万程度のイメージか。

今はもう2時。一応CDの音を鳴らしている。これから58Aをプリ代わりにしてphonoを鳴らしてみよう。

いけるいける。でもコレが原音なのか疑問。iQ30買って音を試すべきか?
修理代5万円以上で、回復見込みはかなり厳しいとのこと。うーんサウンドウオリアーの真空管A級が買えるよ。

では寝ながら聞くこととします。

おやすみなさいZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。